Microsoft Streamの動画をダウンロードする方法。

こんにちは。七宮さん(@Shichinomiya_s)です。

今回の記事は、『Microsoft Stream』上にアップロードされた動画をダウンロードする方法に関して記載していきたいと思います。

 

COVID-19の影響で講義が行えない大学機関が”Microsoft Stream”を多数利用を始めている模様で、こちらにアップロードすることによってオンデマンドで受講可能にしています。

しかし、家に固定回線がなく、4G回線などのモバイルネットワーク回線下で受講せざる得ない状況の方々も今のご時世、多くいることだと思います。

この方法を用いてWi-Fi環境下で一度ダウンロードを行えば、モバイルネットワークも使用することなく受講することが可能ですので、是非利用してみてください。

 

不特定多数が閲覧できる場所へのアップロードなどは法令に違反し、処罰の対象になりますので、決して行わないようにしてください。

 

さっそく本題に入っていきます。

今回はスマートフォン上でダウンロードする方法とPCのでダウンロード方法について紹介します。

前者は、Microsoft Streamの公式機能を用いるので非常に簡単です。こちらから紹介していきます。

1.スマートフォンでのダウンロード方法

まず、App Store/Google Playから”Microsoft Stream”の公式アプリをダウンロードします。

 

アプリを起動し、大学のメールアドレスでサインインを行います。

 

サインインが完了すると、このような画面になり、現在アップロードされている動画の一覧が表示されます。

 

ここから探すか、検索機能を用いてダウンロードしたい動画を見つけ、その動画の右側にある”縦に3つ点が並んだボタン”をクリックします。

 

次に、”オフラインで利用可能にする”をクリックします。

 

すると、ダウンロードが始まりますので、終了まで待ちます。

 

ダウンロードが完了したら、画面下の”マイコンテンツ”をタップします。

 

マイコンテンツ画面になったら、”オフライン”タブをタップします。

 

するとダウンロードした動画が表示されるので、タップすれば再生可能です。

 

 

2.PCでのダウンロード方法

こちらは結構厄介です。Node.jsという言葉を聞いたことがない人は退散したほうが良さげです。

Microsoft Streamの仕様で、ストリーミング再生では、ダウンロード防止のためにファイルを分割し、それを結合することによってストリーミング再生しています。

あれ?それってHLSじゃないの?と思うかもしれませんが、違う模様です。わけのわからないファイルでした。

 

ということで、有志の方が開発してくださった、『PoliDown』を用いてダウンロードを行います。

開発してくださった開発者様とベース元の開発者様にはこの場を借りて御礼申し上げます。

 

 

・用意するもの

PoliDown -Github-

Node.js (インストール済みの方はスキップ)

aria2

FFmpeg

 

・Node.jsのインストール

インストール方法がわからないっ!ぴえん。という人はお帰りください。

ここでは省略します。

 

・aria2のインストール

aria2はダウンローダとして広く知られてますね。七宮さんの記憶が正しければ、何かのLunixベースOSで標準採用だった気がします。

解凍して出てきた”aria2c.exe”を”C:\Windows”に放り投げるだけです。以上です。

 

・FFmpegのインストール

動画弄っている人には御用達のFFmpegですね。Aviutlでお世話になっています

こちらも解凍し、C直下に”ffmpeg”フォルダを作成して、すべてのファイルを放り込みます。

 

・PoliDownのインストール方法と使用方法

解凍し、わかりやすい場所に移動させます。

コマンドプロンプトを起動させ、ターゲットフォルダをPoilDownにします。

cd C:\Users\Owner\Desktop\PoliDown-master

 

次にインストールさせます。お決まりのですね。

npm install

※実行例は既にインストール済みなのでかなり短くなってます。

 

次に動画のダウンロードを行うコマンドを入力します。

node polidown.js --username 大学のメールアドレス --videoUrls "ダウンロードしたい動画"

 

パスワードを聞いてきますので、大学のメールアドレスのパスワードを入力します。パスワードは保存されません。

保存した場合は”password”オプションにて保存が可能です。

 

動画を解析し、”Choose the desired resolution:”と尋ねてきます。

ダウンロードしたい解像度の数字キーを押して次に進むと、ダウンロードが始まります。

 

“Done!”と表示され、ダウンロードが終わると、”PoliDown-master\videos”の中に保存されます。

問題なく再生できれば終了です。おつかれさまでした。

 

 

・おまけ

大学独自の認証システムを用いていると使用できない

PCを用いた方法ですが、実はMicrosoft側の認証システムを用いていない大学はこの方法は使えません。

ここまで読んで『は?』と思うと思いますが(?)、あれは大学側にアクセストークンキーを求めているパターンなので、PoliDownでは使用できません。

大学側がAPIを開放していればよいのですが、そんなことしてる大学はないと思いますので、現状ではダウンロードすることができません。弊学もそうでした。

 

しかし、中にはMSの認証システムを用いている場合がほとんどと耳にしたので、皆さんは試してみてください。

 

公式アプリでダウンロードされたなぞのファイルたち

Android版でダウンロードし、ダウンロードされたファイルをのぞいてみましたが、何やら拡張子”.exo”のファイルが大量生産されていました。

“.exo”と聞くとAviutlを思いつく人がほとんどだと思いますが、残念ながら読むことはできませんでした。

恐らく、暗号化されているのかなと思いますが、何かこのファイルを結合させて再生可能にする方法がありましたら教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です