米AmazonからRyzen 5 5600Gを輸入してみた。【送料・関税・日数】

こんにちは。七宮さん(@Shichinomiya_s)です。

米AmazonからRyzen 5 5600Gを輸入してみたので、送料・関税・日数などをレポートしたいと思います。

 

・(常識だが)米Amazonのほうが安い

日本で買うと特定指定暴力団A○Kから”みかじめ料”こと”A○K税”が発生します。

この影響で日本では、正規アナウンス価格である北米ドルより、大幅若干値上がりした価格で販売されます。

先日発表されたRyzen 5 5600Gですが、発表時は”259ドル(28,749円)ですが、日本では8/28時点で”35,980円(324ドル)”になっています。

この差額分、25%増額分が”A○K税”です。高すぎですよね。

 

・脱税するためAmazon.comで購入してみる。

購入は至ってかんたんです。Amazon.comのアカウントを作成して、住所とクレカを登録して購入するだけです。

しかし注意点として、作りたてのアカウントで10万円以上の物を購入すると、一時凍結されて本人確認を要求される場合があります。

Amazon.deでGalaxy Z Fold 2という折りたたみスマートフォンを購入したのですが、余裕で10万円を超えていたため、口座番号とクレカの請求用紙の提出を要求されました(笑)

購入画面になると、このように配送方法を選択できます。

Expedited Shippingだと1,250円、Priority Shippingだと2,324円って感じですね。特段急いでないので、”Expedited Shipping”を選択しましたが、”Priority Shipping”を選択すると3日で届く場合もあります。

“Import Fees Deposit”ってなんぞや?と思う方もいらっしゃると思いますが、こちらは関税のデポジットです。海外で物を買うと、商品が届く際や届いたあとに関税を支払う必要があるのですが、Amazonがそれを代行してくれるものです。

この、”Import Fees Deposit”は予想関税価格より少し多めに取ってあります。デポジットなので、余った分はクレジットから返金処理されます。

 

ECMS Expressで発送

初耳の運送業者でした。日本からは佐川急便が引き受けました。

追跡結果も掲載しておきます。8/29に発送され、9/4日に届きました。

 

2021-08-29 00:10Virtual Manifest has been received by carrier
JFK
2021-08-30 09:25Shipment arrived at carrier facility.
JFK
2021-08-30 11:08Shipment departed from carrier facility.
JFK
2021-09-02 14:37Shipment arrived at destination facility
NRT
2021-09-02 15:33Shipment is tendering to third party carrier for final delivery.
NRT
2021-09-03 18:29Local carrier has accepted package for final delivery
NRT
2021-09-03 16:00Local carrier has accepted package for final delivery
(Tracking Number: APENYUS153315150,Delivery Number: 360560082713)
NRT
2021-09-04 07:12Shipment is out for delivery.
NRT
2021-09-04 13:37Shipment delivered to customer
NRT

 

 

ちゃんと届いたけどやっぱり角は折れていた。

この通りちゃんと届きました。箱に入ってなくプチプチ袋に放り込んだだけでしたので、この通り角がめっちゃ折れてました….

ひとまず問題なく動作し、いま5600Gのメイン機からこの記事を書いています。

いやぁ、体感は全く変わりませんね。

 

という感じで、AmazonからRyzen 5 5600Gを輸入してみたという記事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です