【7.2インチ】Mate 20 Xのサイズ感はやっぱり最高だ。1年使用後のレビュー

2018/10/16にロンドンにて”One More Big Thing”と共に最後の隠し種として大々的に発表された”Huawei Mate 20 X”を覚えていますでしょうか。

7.2インチというタブレット級のディスプレイを搭載したスマートフォンですが、世間的には”Mate 20″や”Mate 20 Pro”の方が注目されて、Mate 20 Xは影がかなり薄かった記憶があります。

個人的には”Huawei”は米による制裁前からあまり好まないメーカーだったのですが、7.2インチという巨艦機を発表したとTwitterのTLで見つけて「これは欲しい」と思いました。

金銭的事情で1年ほど前に入手したのですが、Mate 20 Xについて1年間サブ機として利用してみた所感について書いていきたいと思います。

 

 

Mate 20 XはHuaweiらしくないスマートフォン

まず、レビューの前にMate 20 Xについて触れていきたいと思います。

この項は”Mate 20 XはHuaweiらしくないスマートフォン”と書きましたが、本当にHuaweiのスマートフォンなのかって思うくらいHuaweiではないと個人的に思っています。

まずはディスプレイ。色鮮かでMate 20やPシリーズであった”謎のザラつき感”が一切なく、iPhone 11 Pro Maxと比較してもそんなに遜色ありません。

これはディスプレイの供給元の違いによるものでMate 20 Xには”SDC(Samsung Display)”が供給しているのに対してMate 20 Proでは”LGD/BOE”が供給しています。

基本的にHuaweiはLGDやBOEを好んで使用するので、SDCな時点で驚きですし、Huaweiらしくないと個人的に思っています。

※近年ではSDCを用いている模様ですが、Mate 20 XみたいにSDC独占供給ではなくSDC/LGD/BOEでのガチャ要素がある模様です。

 

 

次にHuaweiらしくないのがこのスピーカー。個人的に”Huawei=モノラルスピーカー”という等式が成り立っているのですが、Mate 20 Xはステレオです。うん、ステレオです。何度でもいいます。スレテオです。

そう。実はこの時代はHuawei機はフラグシップモデルも普通にモノラルを採用するメーカーでした。

P30/Mate 30まで頑なに”モノラル”を愛してきたHuaweiでしたが、ようやく顧客のニーズを把握したのか”P40 Pro”からはステレオにようやく変更されました。音に拘りがないってよく言われているiPhoneでさえiPhone 7以降はステレオなのに…

Mate 20 Xのスピーカーは左右ともに側面に搭載されているので、割と音質が良いと思います。

 

こんな感じで、Mate 20 XはHuaweiでは採用しなかったものを搭載するHuaweiらしくないスマートフォンでした。

 

 

2年経っても古さを見せないデザイン性

前面から見ていきましょう。

まず感じるのは、ベゼル部分の少なさです。

Mate 20シリーズでは無印とXのみが”水滴型”のノッチを採用しインカメラのみ搭載しています。ProはiPhone Xと同じノッチでノッチ幅が大きくなった分、”Face ID”に似たドットプロジェクタを用いた顔認証システムを採用しています。

水滴型ノッチのおかげで全くと言って古さを感じさせないデザインになっています。

 

私のメイン機であるiPhone 11 Pro Maxとのサイズ比較です。右にあるのはiPhone 12 miniか?って言いたくなるほど小さく見えますね。

両者ともSDCのAMOLEDを用いてますが、iPhoneの方が輝度が高い気がします。

(同世代なので比較になりませんが。)

 

続いて背面です。背面にはLeicaロゴとともに超広角・広角・望遠の3種類のレンズとLEDフラッシュライト、指紋認証が搭載されています。強いて言うならば、このタイプの指紋認証は古さを少し感じさせますね。

 

 

ホーム画面は横5列でも余裕の幅があります。

個人的に”キツキツ”なのが嫌いなので、こんな感じに配列しています。

DPIは標準機能で最小設定にしても文字や表示が大きすぎるので最小幅を590で用いています。

Twitterの画像表示も問題ありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パフォーマンスについて

続いて性能面です。

当時ハイエンドであった”HiSilicon Kirin 980″を搭載しています。

世界初、7nmプロセスでの設計でデュアルコアNPUを搭載し、bigLITTLEではなく、”BIG+MIDDLE+LITTLE”の3分割を行ったSoCでもあります。

 

さすがの当時のハイエンドと言わんばかりに2年経過した今でも頗る快適に動作しています。

RAMも8GBという過剰とも取れる容量を搭載しているので、あと2年は使えるでしょう()

 

ここで数値的にKirin 980の性能を見て見ましょう。

・Antutu Benchmark V8.4.9

 

Antutuにてベンチマークを実行したデバイスの中では44%ほどの性能のデバイスとのことです。

4万点に達してはいませんが、日常使用には問題ない程度でしょうか。

最近、どのSoCが何万点なのかというのがパッと思い出せない程度の”にわか”になってしまったので、正直言ってコメントしにくいです…笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはGeekbench 5での結果です。

ぼぼマルチスコアはほぼApple A12 Bionicと同程度でしょうか。

iPhone XSがまだまだ現役な点を考えると、Mate 20 Xも順分に現役ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラ性能

広角4000万画素(f/1.8)+超広角2000万画素(f/2.2)+望遠約800万画素(f/2.4)という構成です。

個人的に参考にならないと思ってるDxOMarkのスコアは111です。同じカメラシステムのMate 20 Proは112です。ハードもソフトも同じなのに何が違うのでしょうか。評価基準が本当によくわかりません。

 

風景です。相変わらずのHuaweiを感じるビビットな色の表現です。

 

こちらは食事。まあ普通ですね。

 

こちらは室内光での食事です。ビビット過ぎますね。

 

比較的暗めの部屋での端末撮影です。可もなく不可もなくってところでしょうか。

強いて言うならば、ピンクが強すぎます。

 

こちらもビビットなのは変わりませんが、紫色の濃い部分ディテールが甘い気がします。

 

写真に関してはこんな感じです。Instagramで映える写真を取りたい!って人向けかなと思っています。”Leicaとは”と言いたくなる品質であるのは間違いないです。

通常使用にはまったくもって問題はないですが、このカメラで普段の写真を撮ろうとは思いません。

 

 

すでに感じるディスコンテュー感

すでにこの巨艦についての話題がないということで薄々お気づきかもしれませんが、”ディスコンテュー臭”が漂っています。

2019年の5Gモデムを載せた”Mate 20 X 5G”というモデルがありますが、5Gモデルである”Balong 5000″を搭載させたことにより、バッテリーが5,000mAhから4,200 mAhに減量させられています。

ただでさえ画面サイズ的に電池消耗が多く、ハイエンドSoCということでTDPもよろしくない上に消費電力が大きい5Gモデムを搭載させているので、バッテリー持ちがあまりにも心もとないと思います。TeardownしたiFixitも”5Gモデムを載せた代償は大きい”と評価していますからね…..

2018年に7.2インチのMate 20 Xを発表して以来、7.09インチのミッドレンジ端末はHonorブランドから登場しましたが、Mateからは発表していません。Mate 40の発表でも登場する事がなかったので恐らくもう登場しないでしょう。

他社ではXiaomi “BlackShark”シリーズが7.1インチで展開していますが、こちらはハイエンドスマホではなく”ゲーミングスマホ”ですので、ちょっと普通に使うのには抵抗があります….

残るは6.9インチまで妥協してSamsung Galaxy “Ultra”シリーズです。S20 Ultra, Note 20 Ultraは両方とも6.9インチで展開しているので、こちらに移るのが最適解なんじゃないかなとは思います。

あとは、フォルダブル機に移るのもアリだと思います。

 

個人的には、Xperia Z Ultraと同じように何年も使い続けていく端末の一種になるのかなと思ってるので、大切に使っていきたいと思います。

 

 

今から買う価値は果たしてあるのか?

結論から言うと十分あると思います。このサイズ感はスマートフォンとタブレットの中間であるTHE・ファブレットですので、Web閲覧や資料の閲覧にとても向いています。

大画面で1度に見れる情報量が多いので、一度使ってみると虜になるサイズ感です。メイン機で使うのは多少たり不便はありますが、サブ機としては本当に良い端末です。

性能面もまだまだ許容できる範囲内だと思うので、機になった方は是非買ってみると良いでしょう。

大画面沼に一緒に入りましょう()

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です