超短期使用記 OnePlus 7 Pro

はじめまして たまねぎ(@tm_ka_h)と申します。

2か月ほど前に、香港に拠点を置くetorenというサイトから63000円で購入し、個人輸入したケータイの短期使用記です。

そこから今日に至るまでほぼ毎日使ってるけど、やっぱり発売から少し経過してるってことで結構レビュー記事も見られるので、僕(一般人)(最重要事項)目線で使ってみた感じこうだよ~といったことを書き連ねていきます。

見た目

見た目はまぁ青がきれいすぎること。
でも確かにきれいなんだけど、見た目よりも傷がつくのが僕は嫌なのでフィルム張り付けて見えないってのはちょっと失敗だったかも。

 


カメラ回りもまぁレンズが3つ並んでてその下にロゴがあるっていう普通のデザイン。

背面の青色はやっぱりきれい。

 

画面

画面側はこんな感じ。
ベゼルが狭くて結構大画面に感じる。未来を感じる。

画面両端のカーブ、エッジに関しては僕は肯定派なので何とも思わない。
そりゃ、ガラスフィルムは貼れないし、張り付けるフィルムは選ばないといけないけどね。
ちなみにOnePlusのケータイってデフォルトで保護フィルムが貼ってあるとかなんとか。
このケータイも例外なく張り付けられていました。

 


IPhoneXSと並べておんなじ写真を表示してみた。
若干iPhoneのほうが温かみのある色な気がする。

 

並べたとたんよくわからなくなるんだなぁこれが。
ちなみにTrue Toneはオフにしてます。
どっちがどっちかわからなくなるからね。

 

重さ

OnePlus7Proはなんと公表値で206gもの重さがあるらしい。
本当かと思ってはかりを引っ張り出して調べたところ、本当に207gあった。
ケースをつけて計ったらなんと233gもある。
IPhoneもケースをつけたまま計ったら208gあった。
普段はiPhoneしか持ち歩いてないし気にしないことにしようか(笑)

 

パスワードとか

OnePlus7Proには画面内指紋認証というシステムがある。
その名の通り、携帯の画面に指紋センサーが埋まってるのだ。
これを使って、携帯のロックを解除したりできる。
精度は結構いいと思った。
割と大雑把にタッチしても認証に時間を取られないので不満はぜんぜんないかな。

 

サイズ

大きい。
これは大きい(2回目)
普段使っている携帯がiPhoneXSだからっていうのもあるんだろうけど、やっぱり大きい。

 


ちょっと写真が暗いけど間に500円玉を置いてみた。
パッとしない比較だけど横にそれぞれ端末が並んでるから少しはわかりやすいかな。

 

3DSとも並べてみた。
これは大きいほうのNew 3DS LLだけど丁度縦の長さが同じくらいなんですよね。
イメージが一気にしやすくなったと思う(?)

 

 

電池

まぁちょくちょくいじってればこんなもんだよねって感じ。
WarpChargeも勿論速いんだけど、まず付属している充電セットじゃないと使えないし、Accubatteryってアプリを常駐させてみると結構劣化進んでるみたいな部分もあるし残念なところではあるかな。
なんなら購入時点でアプリ内での健康度96%だったし()
4000mah載っててこのSoCなら普通なんじゃないのって感じです。

 

総評

結構満足。
本体が結構大きい分、画面も大きいから大画面でゲームなり動画なりを楽しみたいって人がいたら勧めてもいいかなとは思う。
ただやっぱり技適とか通ってないし、そういう部分では怪しいところもあるからその辺は自己責任でお願いします。
2019年のフラッグシップモデルでクアルコムのハイエンドSoC、SnapDragon855に8GBのメモリ、256GBのストレージを備えている優等生なスマホ。
もし気になった人はこちらからお求めいただけます。

63000円でこれならありなんじゃないでしょうか。。

 

※現在では6GB/128GBモデルが63,800円で8GB/256GBモデルが68,900円です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です